What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/02/27

気になる5014

先日SONYからアナウンスがありましたが、噂の50mmF1.4が発売決定しました。

SONY Aマウントレンズ 50mmF1.4 ツアイス印
SAL50F14Z

ですね♪

Aマウントユーザーにとっての比較選択肢は
SONY現行SAL50F14
SIGMA
となるでしょう。

という事で、3つのレンズのMTFチャートを重ね合わせて比較してみました。

10本/mmのみです。絞り開放(F1.4)時。

赤:SIGMA
緑:SONY SAL
橙:SONY SAL-Z

APSの画角では中心から15mm以内を見ればいいのですが、その場合新しいツアイス印はまさにプラナーな平たんさ。
中心点においては、SIGMAは元より、SONY現行にもやや劣ります。
それでも、周辺まで使い切れる50mmF1.4なんて他に知りません。(私の知識が狭いだけという話も。)
MTFが良ければ気に入るレンズになるわけでもないし、F1.4で使用する事ばかりではないと思いますが、一応参考までに。

製品ページの作例では分かりませんが、点光源ボケの口径食なんかはどうなんでしょうか。気になるところです。

たぶん、私がよく使うF2.8くらいまで絞ると、フルフレームでも全域キリッと写るのでしょうね。
その場合のライバルはもちろん、SONY(MINOLTA)Macro50mmF2.8です。
マクロ50mm並みにシャープに写ってしまうのでしたら、本当に理想形です。あのレンズは凄いですからね。
ただ、どうしても逆光耐性はツアイス印には敵わないので、その最新型50mmF1.4Zが、現行50mmF1.4のみならず、マクロ50mmまで内包するような性能だったらと、妄想せずにはいられません。
でも最短撮影距離が45cmと長いので、完全に置き換えできるレンズにはなりませんが(笑)

すぐ買う予定はないですが、楽しみなレンズです♪


★私が楽しみに見ているブログの最近の記事紹介★  デジタル一眼レフや、ミラーレスのカメラやレンズについての話題が中心です。
カメラ、デジタル一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラ、コンデジ、デジイチ、3Dカメラ、α550、α900、EOS kissX3、DP2、K-r、OM-D E-M5、RX1、S5IS、SD1Merrill、レンズ、広角、標準、望遠、大口径、ズーム、高倍率ズーム、単焦点、マクロ、AF、MF、ティルト、シフト、魚眼、テレコン、ワイコン、CANON、COSINA、CYBERSHOT、EOS、EXLIM、FINEPIX、FOVEON、IXY、LEICA、LUMIX、NEX、NIKON、OLYMPUS、PANASONIC、PEN、PENTAX、Q、POWER SHOT、RICOH、SIGMA、SONY、TAMRON、TOKINA、ZEISS、ZUIKO、α、4/3、μ4/3、キヤノン、コシナ、サイバーショット、イオス、エクシリム、ファインピックス、フォビオン、イクシー、ライカ、ルミックス、ネックス、ニコン、オリンパス、パナソニック、ペン、ペンタックス、パワーショット、リコー、シグマ、ソニー、タムロン、トキナ、ツアイス、ズイコー、アルファ、フォーサーズ、マイクロフォーサーズ、写真、画像、現像、RAW現像
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...