What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/03/06

DP2とLR4

■食わず嫌い

SIGMAのコンパクトカメラDP2で撮影したRAW(X3F)ファイルは、AdobeのLightroom4(以下、LR4)で現像できます。
最近の一眼レフSD1(Merrill)や、DPMerrillシリーズで撮影したRAWファイルは未サポートです。
SD15はサポートしていたと思います。
SIGMAのRAWは、SigmaPhotoPro(以下、SPP)で現像するのが一番だろ!
と、何故か思い込んでいて、食わず嫌いだったのですが、試しにLR4で展開してみたところ上のような感じになりました。
(※暗部ノイズを隠すために、暗部コントラストを若干上げてしまっています。)

SPPで何も調整せずに現像すると、下のような感じです。
悪くない。と思うときもあるのですが、どうも弱気なトーンだと思います。
カラーモードはニュートラルですが、スタンダードだともうバランスがとれない事多々。

■SPPとLR4で、パラメータ変更無しで現像して何が違ったかというと

・色が全然違う。(LR4のほうが彩度・コントラストが高く、かつ記憶に自然に感じる。)
・シャープネスはSPPの方が断然高い。(SPPのゼロはLR4の60~70(初期値25)の感覚。)
パッと気が付いたのは、上記2点でした。

パラメータを調整しなくても肌色が自然(個人的にOKな範囲に入る)と感じるだけで、ずいぶんと現像の難易度が下がると思います。
まだ数枚の現像しかしていないので、必ずLR4が良いとは言い切れません。たまたまかもしれませんからね(笑)
でも、DP2で人物を撮影することについての抵抗は、少し減ったと思います♪
SD1MerrillじゃなくてSD15に買い替え・・・いや、やめときます(笑)


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...