What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/06/07

王子

「くっくっく・・・・・・喜ぶがいい。きさまのような下級戦士が超エリートに遊んでもらえるんだからな・・・・・・。」
若かりしべジータ日のベジータ王子。


■使用カメラ等

SIGMA SD1Merrill
SIGMA 18-250mmF3.5-6.3DcOsHsm

今や旧型の18-250mmですが、これの弱いところはやはり望遠ですね。近距離を撮ればボケが汚いし、遠距離を撮れば全体的にしゃっきりしない。でも総じて楽しいレンズではありますが(笑)


■地味に超嬉しい♪

EOSMのファームウェアアップデートが予告されました♪AF速度2.3倍というと、流石に実感できるかな(笑)KissX7や後継モデル開発の副産物ですかね?個人的には、SONYのRX1並みのスピードになってくれれば十分です。

それから、EF-M11-22mmが発売決定しました。EF-S10-22mmの半値くらいで、少し暗くなりましたが、その分手ぶれ補正でカバーできていると考えると、まずまずの選択肢ではないでしょうか。
でもですよ、EF-Mレンズって望遠が一本もないんです(笑)今のところアダプタでEFレンズを装着するしかありません。よくあるダブルレンズキットといえば、標準ズームと望遠ズームのセットですが、未だにその条件になるレンズを出さないのは、不思議を超えて面白いです(笑)この分だと、高倍率ズームが先に出るかもしれませんよね!?

ところで、いきなり超広角!?と驚いたところで、ふと冷静になって考えてみたのですが、超広角って実はうまい戦略なのかもと思えてきました。
最近にわかに盛り上がっている、レンズ一体型大型イメージセンサ搭載カメラは、価格的にもサイズ的にも、いわゆるレンズ交換式ミラーレスカメラと対比されやすい製品群だと思います。それらは28mmや35mmあたりが多く、または標準ズームとなる場合もありますが、24mmよりも超広角となるとない(と思う)のです。
キヤノンはEOSMを申し訳程度に開発したのではなく、意外とまじめに考えているのかと、少し見直しました(笑)



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...