What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/07/05

狛犬

蓮を撮りに朝散歩したときに撮った狛犬です。
(新潟市中央区白山公園内)

 朝の光は、やわらかく見えたり、涼しげに見えるのだから不思議です。
 自分がこの画像を撮ったときの情景が、先入観になっている事は否定できませんが。


 ところで、狛犬や散歩話とは全く関係ありませんが、明日は子どもたちの通う幼稚園で、七夕お楽しみ会があります。
 もちろんムービーとスチルを撮影するつもりですが、当初このタイミングに導入するつもりだったμ4/3用の高倍率ズームレンズは、結局決め手がなく見送ることに。


 ■使用カメラ等 

SONY α900
MINOLTA HighSpeedAF APO200mmF2.8G

 このレンズは、少し変わった特徴があります。ひとつは、フォーカスリングカバーがある事です。通常時は、カバーが掛かっていますから、つまりはAF推奨でMFなんてしなくていいと宣言されているようなもんです。まず名前から「HighSpeedAF」ですからね。フォーカスリングが見えなくて、単焦点でズームリングもありませんから、一体型フードまで全身白でルックスも個性的です(笑)
 それから、フォーカスレンジリミッターがあります。しかもスイッチ切り替え式のものではなくて、リングを回して、距離計を見ながら任意の距離に設定できます。この方式は、私はこのレンズしか持っていませんが、使いやすいと思います。
 HighSpeedAFというのは、うろ覚えですが、このレンズについては、いわゆるハイスピードレンズ=大口径レンズ(シャッタースピードを速くできるから)を指して言っている訳ではなく、AFのギア比が通常よりハイギアード(ギア比が小さい)な仕様を指していると何かで読んだことがありました。つまり、αボディのモータトルクに物を言わせて、力技で実現しているAF速度です。ただ、今はもっと速いレンズはいくらでもありますね。超音波モータの前時代の物かもしれません。フォーカスレンジリミッターと併用すれば、すっぽ抜けのフォローも速いですし、なかなか快適にAFが使えるのです。


 ■EOS70D 

 発表されましたね。CanonのEOS70D。ライブビューでのAFがとんでもないことになっているようです。実用レベルかどうかは、EOSMの例もあるので今は分かりませんが、着実に積み重ねてきている感があります。これぞCanonだな。EOS二桁機だなと思いました。
 このカメラに搭載されるイメージセンサですが、きっと今後のEOSシリーズにたくさん搭載されることになるのでしょうね。楽しみじゃないですか♪


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...