What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/08/19

ブログ夏休みおわり

というわけで、ブログも再開です。

蝉の声と風鈴の音に、夏を感じます。
少し涼しくなり始めた午後四時頃、近所の公園の木陰を歩いていると、いたるところに蝉が。
命を燃やすように声(ではないのですが・・・)を響かせています。
それにしても、最近の夏は、思い出の中にある「かつての夏」とは別物で、蒸発しそうな暑さです。

ところで、ブログを夏休みしていた最中も、カレンダー通りに仕事に出ていたのですが、事務所にかかってくる電話も極端に少ないですし、通勤時間や昼休み時間の混雑もなく、平時とは異なる雰囲気を味わえただけでも、意外とリフレッシュになりました♪


 ■使用カメラ等 

CANON EosM
CANON EF50-200mmF3.5-4.5L

本当に久しぶりの登場のEF50-200mmF3.5-4.5Lです。古いレンズで、現行ラインナップではないようなスペックのレンズです。このレンズの後継は、70-200mmF4Lなのかもしれません。

このレンズの特徴を語る上で欠かせないのは、直進式ズームレンズという事です。私の所持レンズで使用可能な直進式ズームレンズは、他にはTOKINAのSZ-X630(60-300mmF4-5.6)と、同AT-X120(60-120mmF2.8)です。操作がスムースだったり独特だったり、好きなんですよね♪

肝心な描写ですが、絞り開放ではやや柔らかいものの、個人的には実用範囲で、一段絞れば文句も出なくなります。元々が明るいので、絞りやすいのも良いポイントです。
絞り優先モードで、F5通しやF5.6通しとして使用することが多いです。

それから、50-200mmという画角ですが、APSサイズのイメージセンサにも使いやすい換算80-320mmです。

なかなか蝉にAFが当たらず、背景に引っ張られたり大変でした。AFのターゲットが大きすぎますね。


 ■ついにベールを脱ぐ

OLYMPUSのOM-Dシリーズ最新機E-M1ですが、ついに画像・動画付きの色々な情報がリークされてきました。
・巨大なグリップ。
・ロック式のモードダイヤル。
・従来のフォーサーズアダプタでフォーサーズのレンズが快適に使用できる。
中でも、巨大なグリップはマイクロフォーサーズのレンズには、逆に相応しくないくらい大仰なものです。これでフォーサーズレンズの対応が不完全だとしたら、何のために出すのか分からないので、ここまで思い切ったのなら、期待してもいいのだろうと思うようにします(笑)
せっかく大きくなったのですから、バッテリも大容量にしてくれると嬉しいです♪

年内には発売されるといいですが・・・。どうでしょうね。
E-M5とは併売かも気になりますね。同じコンセプトとは思えないので(笑)



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...