What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/10/11

L-RS014150とあらためて向き合う、そしてE-M1発売

旅行に持っていくカメラが決まらないので、画像を見返しながら考えています。
オリンパスのE-M5に、パナソニックのレンズL-RS014150は、当初の本命だったのですが、重いとか、E-M5で撮影する感触が楽しくないとか、写りとは関係ない部分でグダグダ文句を言って、決め切れていませんでした。

望遠端・接近撮影で。
高倍率ズームレンズで、望遠端しかも接近でこれだけ不安の無いレンズは、他に持っていませんし、知りません。
望遠にするとボヤボヤに見えたり、接近すると周辺が渦を巻いたようにグルグルに感じるレンズでした。


広角端で。
望遠端程の感心はないというのも、高倍率ズームレンズでも、広角端は悪くないレンズは他にもあるからです。でも、その中でもハイレベルといえるのではないかと思っています。

あらためて見返してみると、やはり広角から望遠まで隙がなく、飛び抜けた良さは感じにくくても、確かにガッカリしないレンズだと思いました。

やはり旅行にはRX1とE-M5かな。


 ■使用カメラ等 

OLYMPUS E-M5
PANASONIC L-RS014150


 ■E-M1発売 

早速触ってきましたが・・・E-M5より一回り大きくなりましたね!そして重い!
ボタンの感触はカッチリ、そしてボタンも大きくなったので押しやすいです。
何と言っても、EVFが広大に見えるようになったのが、一番の驚きでした。E-M5と全然違いますね。
一応、数値的にはα900と同じ程度の大きさに見えるらしいです。
無意識にですが、「カメラのサイズ」と「ファインダを覗いて見える大きさ」というのが、私の頭の中で連動しているらしく、α900はあの大きさのカメラだからファインダを覗いたときに広大な景色が見えて、K-rも、あのコンパクトなカメラだから、ファインダ覗いても井戸の底。そういう方程式みたいなものが、でき上がっていたのだと思います。
ちょっとしたショックでした。もちろん、いい意味で。

E-M1の内容で、新型E-M5が出てくることを祈ります(笑)
だって、やっぱり大きなものは小さくできませんからね。

そうそう、E-M1はグリップが大きくなったのですが、私の場合それでも小指が余ってしまい、上手く握れないのが残念でした。ただ太いだけでもダメなもんですね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...