What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2013/11/28

ニコンDfの発売など

こういう画像を撮るのに、車なしでは、公園だの整備された場所に行かないと撮影できないというのは、悲しくもありますね。
新潟市内ですが、そんなに大都会でもないです。でも、緑は乏しい場所に住んでます。
おかげで、除雪はしっかりしてくれるエリアなので、文句は言えませんが。


 ■使用カメラ等 

SONY ILCE-7
SONY SEL50F18
彩度落として、シャープネスは高めの編集です。

α7ですが、純正のモニター保護セミハードシート「PCK-LM16」を貼っていました。

ですが、どうも中心付近に油のついたような虹色に滲むような点があり、環境によっては反射で見にくく、困っていました。
お店に相談したら、保護シートを交換してくれて、解決しましたので、同じようなことでお悩みならば、購入店に相談される事をお勧めします。
カメラボディのモニタ不具合じゃなくて良かったです♪ちなみに、RX1でもこのシリーズの保護セミハードシートを使用しています。貼る事を失敗しにくいので、好きです。黒枠の所だけに粘着があり、透き通った部分には気泡ができない構造です。


 ■50mmF1.8 

ニコンDfが発売されましたね。私のよく行くお店では、シルバーが展示されていました。
ニコンFXのカメラとしては最小最軽量のカメラらしいですが、普通に考えて大型なカメラですよね(笑)隣がソニーのα99だったので、余計に大きさを感じました。いわゆるペンタ部の背が高いから、大きく見えてしまうのかもしれませんけど。
少しだけパシャパシャやりましたけど、悪くないですよね。音とか感触は。

電源のダイヤルがかたくて、更に指の引っ掛かるデザインではないため、パッと撮影したい人は、電源入れっぱなしにするでしょうね。バッテリーライフは驚異的に長いので、それでもいいと思います。

グリップはあまり良くない・・・としか私には言えません。個人的にはα7の方がしっかり握れます。比べるようなカメラではないでしょうけど。
ダイヤル類の質感は良いと思います。とても力を入れてアピールしていますもんね。

正直、実用的な操作性なら、もっともっと使いやすいカメラは、ニコンにはたくさんある気がしますが、ファインダを覗いて見えるものに集中するより、カメラ自体を見て楽しむという側面も、大いにありそうです。
何だかんだ言って、面白い外観なので、店頭にあると触ってみたくなりますよ♪

さて、そのDfには50mmF1.8が装着されていました。50mmF1.8というと、私の場合真っ先に思い出すのは、キヤノンのEF50mmF1.8IIです。あの新品で1万円でお釣りがくるレンズです。それぞれ、どちらかというと安価なレンズで、F1.4他上位のレンズをラインナップしています。

そんな親しみやすい価格のレンズですが、ソニーには用意されていないのです。最近使用しているSEL50F18は、135判をカバーしないレンズです。135判では、もう少しで発売の55mmF1.8は高価なレンズですね。しかもEマウント専用です。AマウントのSAL50F18も135判ではありません。

昔のミノルタAマウントレンズには、似たスペック(F1.7)もあったような気がします。なんでもキヤノンとニコンに倣えとは思いませんが、あってもよさそうなのにな・・・と、ふと思ったのでした。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...