What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2014/03/20

G1XMarkIIもすごい

ピアノ発表会や、娘の誕生日が続いたため、我が家のリビングには花がいっぱいです。
花瓶がないので、お酒の瓶、化粧品の瓶など総動員で、部屋中が一輪挿しだらけです(笑)

というわけで、花の香りに囲まれて、いい気分です♪


 ■使用カメラ等 

SONY Cyber-shot/DSC-RX1
SONY HVL-F43AM
F3.2

フラッシュの天井バウンス撮影です。


 ■G1XMarkIIすごいですね

とあるSNSで、知り合いの方がG1XMarkIIが気になる・・・というかポチった。ということを書かれていたので、どういうカメラだ?と情報収集しました。
これ、本当にすごいですね。

1.5インチイメージセンサですが、いわゆるマイクロフォーサーズに近いサイズで、キヤノンのAPS-Cサイズよりは、ほんの少し小さいくらいです。
これが刷新されマルチアスペクトになりました。3:2で撮影しても4:3で撮影しても同じ画角ということらしいです。

24-120mmF2.0-3.9というスペックのレンズも、マイクロフォーサーズのレンズを想像してもらうとわかるのですが、かなり意欲的なスペックです。レンズ一体型でなければ、かなり大型の交換レンズになってしまっていたかもしれません。
そして、このレンズは5cm(ワイド端)まで寄れるとのこと。すごすぎます。
また、EOSMでもできないデジタルテレコンが可能なのも魅力的です。

画像処理はDIGIC6らしく、DIGIC5のときのISO400と同レベルでISO1600が使用可能とのこと。実に2段分です。ちなみに、私が使用しているEOSMはDIGIC5だったと思いますが、それでも古いイメージセンサのデータを、よくぞここまでクリーンに処理できるなと驚いていたくらいなので、DIGIC6には期待してしまうのです。

出し惜しみなし。そんな印象を受けますね。
マイクロフォーサーズでF2.8標準ズームレンズを買うなら、価格的にもG1XMarkIIが比較対象になるかもしれません。私なら迷いますね(笑)



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...