What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2014/04/24

鳥屋野潟の桜と誰が使っても撮れるカメラ

新潟市の鳥屋野潟周辺の桜並木も、毎年見事なのですが、撮影には不向きですね。
歩道らしい歩道がないので、よそ見できません。
撮影したのは少し前なので、もう散ってしまいましたよ。


 ■使用カメラ等 

SONY Cyber-shot/DSC-RX1
カメラ内オートHDR


 ■誰が使っても撮れるカメラ

どういう意味?と思う方もいるかもしれません。
私はカメラを選ぶとき、そんな事に気を遣ったりもします。
我が家では、カメラを使うのは私だけとは限りません。ツマに貸すこともあります。

α900はダメですね。この間貸してみたら、「ピントが合わない」と大苦戦していました。
AFポイントセレクトがずれてしまって、端の測距点になっていました。不用意な操作をしてしまったことで、撮影が全滅なんてこともあります。
シャッターボタンしか押せない人を意識しないとならない感じです。

うまい設定にして渡せばいいという話があるかもしれませんが、それは違います。「カメラ貸して」は「即貸して」ですから、せいぜいモードダイヤルをオートにして渡してやるくらいのものです。

それから、コンパクトデジカメを使っている人からすれば、AF測距点なんて意味が分からない人もいます。そもそもセレクト不能でカメラが自動で合わせたり、深い被写界深度のおかげで、ピントについてシビアに感じたことがない場合がありますから。

そんな考慮をする場合、私みたくいろいろ機能をいじりたいタイプの人とは対称に、何もいじりたくないタイプの人がいますから、その落とし所となるカメラに求める機能は何かというと。
  • モードダイヤルに「オート」がある。
  • 頭のいいAFエリア「ワイド」がある。(ゾーンとかマルチとか全画面をカバーできるモード)
が重要度がとても高いです。
AF速度や追従なんかもできれば欲しいですが、それは自分専用機ならということになります。他人との兼用機においては、シャッターボタンを押すだけで、なぜか撮りたいものにピントが合って、間違いない露出で撮れてしまうことが最重要だと考えています。露出については、顔検出ができると、ピントだけでなく、顔の明るさが最適になるように露出を決めてくれるので、あるといいと思っています。

我が家において、今のところE-M5とRX1がそのポジションです。
GH4もそうなる素質があればいいなと思っています。

ちなみに、E-M5やRX1は、AFエリアをワイドにしていても、いざとなればタッチターゲットやロックオンという機能で、任意のポイントを指定可能なため、AFエリアがワイドだからといって、意図しないところに合って困ることはないです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...