What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2014/05/08

自転車練習とAF-C

自転車練習。
一年以上前からですが、息子はこの画像のピンクのペダルレスバイクに乗っていて、かなり軽快に走ります。

つい最近になって、ツマのお父さんが自転車を買ってくれまして、いよいよ自転車練習をしようと思っています。

ピンクのバイクはとても軽量なので、これに慣れてしまって、実際の自転車の重さに戸惑っているようです。
簡単に乗れるかな?と淡い希望を持っていましたが、そういきそうもありません。

練習がんばろうね♪


 ■使用カメラ等 

SONY α7/ILCE-7
SONY SEL50F18


 ■α7のAF-C

SEL50F18のAF速度は速くないです。
AマウントのHighSpeedAF/Apo200mmF2.8GをLA-EA4で装着した場合、無限遠→最短撮影距離のAF時間はSEL50F18の半分以下に感じます。つまり、体感的に倍速は出ていそうに感じています。

しかし、実際のAF-C追従は、圧倒的にSEL50F18が上です。(ピントの正確さもです。)
単純に、速けりゃいいってものでもないのですね。

例えばなしですが、11m遠方にピントをいったん合わせて、1mの至近距離にAF合焦するのに1秒かかる、AFの速くないレンズがあったとします。
それでも、秒速10mです。時速36kmです。普通の人間の走る速さなら、追えますね。

今更ながら、ワケも分からず必要十分以上にAF速度のとにかく速いレンズを求めなくてもいいんだな、と冷静になりました。

Apo200mmが、どうしてα7でうまくAF-C追従できないのかは、いろいろケースや理由もあるのかもしれませんので、それは宿題にしたいと思います。
ボディ内モータ駆動のレンズって、AF-Cをやると、ガチャガチャ大変な音を出すのですが、音が表すように簡単なことではないのかもしれません。メカニカルなバックラッシュだってありますもんね。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...