What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2014/06/09

ミッキーマウス出張とAFF

ミッキーたちが新潟市へ出張してきました♪
私は資格試験中で、会いにいけませんでしたので、ツマと子どもたちが遊びに行きました。

いいなぁ。
今年もハロウィンくらいは遊びに行きたいです。


 ■使用カメラ等 

CANON IXY3
ツマ撮影


 ■AFF

パナソニックのカメラについては、GH4の他は知識がありません。
AFモードには、「AFS」「AFF」「AFC」という3つのモードがあります。
AFSとAFCについては、だいたい想像がつくところですが、AFFとは何でしょう?ソニーのAF-Aみたいなものかな?と考えてみると、若干ニュアンスが違いました。

AFFはAFフレキシブルというらしく、AFSとAFCを場面によって使い分けるAFモード・・・かと思いきや、一方のAFCの説明を読むと、動体予測するのはAFCだけのようです。
つまり

AFF : AFS or (AFC - 動体予測)

のように読み取れました。実際、AFFの説明では予測のできない動きに適したAFモードとあり、動体予測を捨てているのだと思います。

AFCの動体予測については、鉄道など直線的・一定速な動きを想定しているらしく、使える場面は限られそうです。

また、AFターゲットについては、追尾や顔認識などありますが、結構シビアな印象で、ソニーα7のロックオンの方がずっと見失わず使いやすいと感じました。
ソニーα7は顔がだめなら頭、それも微妙なら体と、なんとか喰らい付いておこうとしている感じを受けるのですが、GH4では顔がダメだといったんあきらめて、また認識できる状態になったら、そのとき追いかけるような、単細胞な気がします。

ただAFスピードについては十分速いので、いったんロストしても再認識すればまた追い付けます。結果、意外とちゃんとピントの合った画像が撮影できるものの、ファインダで追っていると、ピントを外したり追いついたりで、不安な心理状態です(笑)

GH4でまじめに撮影したいなら、「動きものはAFC」程度の浅はかな知識ではなく、動きを具体的に想定したAFモードとターゲットを選択すべきだと思うようになりました。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...