What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2014/11/04

登らずにはいられないのと広角30mm

ボルダリングみたいな壁を見つけると、やらずにいられない、うちの娘(3歳)
運動とか全然しないタイプなのですが、壁だけは登りたがるのが不思議です(笑)


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-GH4
PANASONIC H-X015


 ■広角30mm

135判30mm相当というのは、画角で言うと、広角でしょうか標準でしょうか。
一応きちっとした定義があるのは知っていますが、個人的な感覚としての画角です。
要するに私が撮ってみて「広い」と感じるのが広角。というのが個人的画角感における「広角」となります。

PANASONIC H-X015
このレンズを使うまでは、135判換算28mmと35mmの単焦点レンズを使用した場合、28mmは完全に広角で、35mmは広角と標準の境だと感じていました。
そこで、ズームレンズは別として、初めての30mmですから、個人的感覚では広角と標準のどちらに属するか、気になっていた点でもあります。
というのも、私は広角に苦手意識があるからです。隅っこに余計なものが写ってしまう確率が高くなり、「気を使わないといけないな」というネガティブな印象があります。

こんなことを書くと「たわけ」とお叱りを受けそうですが、私はとにかく気楽にパシャパシャ撮りたいのです(笑)


前置きが長くなりました。
ここまで30mmを使用してきて、個人的画角感による判定は・・・。

「完全に広角」

に決定です。標準と広角の境が、今まで知らなかっただけで、本当は30mmかなと期待していましたが、変わらず35mmのままとなりました。

ちなみに現在の個人的な感覚による標準画角の範囲は、35mmから70mmとなっています。85mmでは「狭い」と感じます。
70mmと85mmの間・・・

77mmとか気になります。単純に憧れのレンズだからというのも大いにありますが(笑)

標準画角の範囲が暫定で35-70mmだとして、50mmが「標準レンズ」と呼ばれるのも、ある程度の説得力もありますし共感できました。

科学的でもない話をダラダラと書いてしまいました。
お読み頂いた方は、お付き合い本当にありがとうございました。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...