What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2015/02/05

妖怪PadとD5500発売、E-M5II発表そしてPENTAXの135判フルサイズまで

妖怪Pad
我が家もハマった妖怪ウォッチの関連玩具です。

購入してから一度も撮影していなかったので、一応パシャリ♪


 ■使用カメラ等 

PENTAX K-r
PENTAX DA35mmF2.4AL

アニメの世界感なので、思い切ってノイズリダクションを強くかけて平坦な感じにしてみました。


 ■D5500発売、E-M5II発表そしてPENTAXの135判フルサイズまで

ニコンD5500の発売日ですよ!忘れてました。

いつも通りカメラ店で触ってきました。
それにしても軽量コンパクトですね!でも握りやすい。
完全に樹脂なさわり心地ながら、カチッと丈夫そうな感覚もあり、割と好印象です。

しかしながら、タッチパネルは・・・期待外れでした。
ボディがコンパクトなせいか、とても大きく見えるディスプレイサイズはいいのですが、やはり「位相差AF」・「ミラー」というのは、タッチパネルでの撮影に不向きなのかもしれませんね。

タッチAFは遅い。(マイクロフォーサーズのカメラに慣れていると耐えがたい)
ライブビュー撮影では、当然ミラーの上げ下げがあるので、テンポもよくないです。

タッチ測距点セレクトも、結局位相差AFのポイントに縛られるので、スムーズに動かないし、もちろんエリアが狭い。GH4みたいなものをイメージしてしまうと・・・。

自分勝手に妄想を膨らませてしまっていたので、それが悪いのですが、ミラーレスカメラのタッチパネル操作とは全然違います。そこに期待してしまうと、もどかしくて仕方ないと思われますが、一眼レフカメラとしては操作の補助になっていいのかもしれません。

最初に書きましたが、軽量コンパクトでカチッとしているのは、なかなか好印象です♪
我が家のDSLRはα900で結構重いし、こういう身軽なのもいいよなーと思ったのでした。


ところで、オリンパスのE-M5II発表ですね。良いですよ。
シャッタースピードのアップや電子シャッター、手ぶれ補正強化など正常進化だけでなく、ハイレゾ(合成高画素みたいな)撮影ができます。面白いですね♪

バッテリは現行と共通なので、置き換えにも最適(笑)
それから、新しい14-150mm(防塵防滴)レンズキットも用意されるようです。防滴の高倍率ズームレンズ自体、他ではほとんどないため魅力的でもあります。光学系が変わるのかは不明ですが、元から評判は悪くなかったと思います。
悩ましいです。


そして、遂にきました公式な開発発表です。
リコー(ペンタックス)の135判フルフレームです。
やはりKマウントを承継してくれるようです。70-200mmF2.8等の本気なレンズも先行発表されましたし、期待が膨らみます♪

個人的にはペンタックスK-rを使用していますが、独特な色表現がとても好きなので、その135判も期待してしまいます。
α900の置き換えができるかな(笑)
ペンタックスブランドレンズでは、個人的にFA77mmが憧れのレンズです。APS-Cではちょっととっつきにくい画角になってしまうので購入してませんが、135判で使用できるとなれば、ついに憧れに手を伸ばしたくもなります♪

2015年の終盤に発売を目指していそうなので、続報を楽しみながら待ちたいカメラができました。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...