What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2015/05/11

デジタンα7バージョンとOM-D/E-M5IIリミテッドエディション

デジタンα7バージョン
・SONY α7/ILCE-7
・SONY SEL50F18
・KENKO RealScope8x32
の組み合わせでやってみました。
まずは単眼鏡なしの通常の135判75mm相当の画像です。
次に8倍デジタンの画像です。
8倍の効果は分かって頂けると思います。

75mm x 8倍 = 600mm

135判換算600mm相当になります。
とりあえずオリンパスのSH-1に追いつけました(笑)
手持ちですから、手ブレとの戦いが大変です。

露出については、かなり暗くなりますね。
組み合わせによるのでしょうか。単眼鏡の口径によるのでしょうか。
勉強不足なので、未だ理解できていません。

さて、135判換算600mm相当だけでは終わりません。

α7の画像の記録サイズMですと、スマートズーム(トリミングズーム)と超解像ズームを併用して2.6倍まで行けます。

75mm x 2.6倍 x 単眼鏡8倍 = 1560mm

135判換算約1500mm相当の世界です。

もちろん手持ちです。
α7だとISO感度を多少上げてもメロメロにはなりにくいので、ISO感度を上げてシャッタースピードを稼いでカバーです。

遠くを撮っているので、大気の揺らぎが気になりますね。
600-1500mmだと、鳥撮影にもそこそこ使えそうです♪

この遊びをしていてつくづく考えさせられるのですが、ニコンのP900って化け物ですね。
それを超えるには望遠レンズにデジタンをすればいいのですが、暗くて絶対苦労すると思います。でもそのうちやってみます(笑)


 ■使用カメラ等 

SONY α7/ILCE-7
SONY SEL50F18
KENKO RealScope8x32

※デジタン機材の撮影はSONY Cyber-shot/DSC-RX1

 OM-D/E-M5IIリミテッドエディション 

CP+で参考展示されていたチタンカラーのE-M5IIが、リミテッドエディションとして発売される可能性が高くなりました。数日中に発表かもしれません。

カラーバリエーションではなくて、リミテッドエディションとしての販売になるので、価格も吊り上げられてしまいそうです。

とは言え、ずっと「発売されたらいいな」と思ってきたモデルなので、正式な発表が楽しみです。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...