What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記
カレンダーの休日と水・金曜日は たぶんブログもお休みです

2015/06/11

かくれんぼとRX100IV、RX10II、そしてα7RII

サギのかくれんぼ。
どこにいるかわかりますか?(上のハトではありません。)
岩陰からこっそり覗いています。

冠羽や体の色から、アオサギかゴイサギの幼鳥かもしれません。
アオサギだとしたら、とても小さいです。

なぜ幼鳥かと思ったかというと、岩から岩の間をちょっとピョンと羽ばたく事を繰り返しまくっていたので、まだ飛べないように見えたからです。

その数日後。
くちばしの色など、やはりゴイサギでしょうか。
ちょっと頼りないながらも、飛翔できるようになっていました。

[追記]ササゴイというご指摘いただきました。だとすると幼鳥ではなくて、岩場を頼りなさげに行ったり来たりしていたのは、飛べないのではなくて、漁の下見をしていたのでしょうか。サギの仲間ってたくさんいるのですね。


 ■使用カメラ等 

(上の画像)
SIGMA DP3Merrill

トリミングしまくりです。ハトはタイミングを見計らって撮影しています。
レリーズタイムラグは気にするところではなさそうです。

(下の画像)
OLYMPUS STYLUS/SP-100EE

DP3Merrillでは大きく写せないので、また出会える事を信じてSP-100EEを持ち歩いていました。結果また出会えてラッキーでした♪


 ■RX100IV、RX10II、そしてα7RII

海外でソニーのカメラ新商品が一挙に発表されました。
RX100シリーズは好調なのでともかく、RX10に後継機が用意されました。
また、今回の3機種はどれも新型イメージセンサで4Kムービーが撮影できます。
外観の変更はほぼ無い3機種ですが、中身は大幅に手を入れられている印象です。

RX100シリーズはデジスコ利用される方も相当数いらっしゃると思いますから4Kは喜ばれそうですね。それだけでなく、あの飛び出すEVFもしっかりスペックアップさせています。

RX10は個性的なライバルがひしめくジャンルのカメラの中で、とてもまともなスペックなのですが、個性負けしている印象がありました。
パナソニックはいち早く4Kを、ニコンはぶっちぎりの超望遠を、オリンパスは価格で言えばワンランク下かもしれませんが照準器内蔵ギミックを。
今回は内部の着実なレベルアップの他に防塵防滴化しています。多少地味な気もしますが好印象なモデルチェンジだと感じました。

α7RIIは像面位相差AFも手ぶれ補正も搭載し、更には画素数まで高精細にした、まさに全方位進化モデルです。また、トランスルーセントミラーの無いマウントアダプタLA-EA3でもAマウントレンズが像面位相差AF駆動できるそうです。

日本ではまだ発表されていませんが時間の問題でしょうか。
最近の景気、為替などの影響もあるかもしれませんが、どれも一段高価になるのではないかと懸念もありますが、元気に新製品発表が続く事は単純に楽しみでもあります。
続報を待ちたいです♪



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...