What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記

2018/06/19

RCカー製作記 1章「ボディカット準備」

さて、いよいよボディ制作を始めます。大まかな手順は
・カット(不要な部分を切り取る)
・塗装
・ステッカー等で飾る
という手順です。

カットと塗装は逆順でやる方もいるみたいですが、タミヤの説明書的にはカットを先にやります。その方が仕上がりが綺麗になるからですね。

RCカーのボディは、透明なポリカーボネート製です。
買って来た最初の状態では、基本的にパンの耳ならぬボディの耳の様に、不要な枠があります。また、タイヤの収まるフェンダー部分も、くりぬかれていないのです。
そのため、不要な部分を切り取りします。
早速カットしていきたいところですが、その前段階としてマジックでカットラインを書き込みます。
透明なボディのため、カットラインがないとどこを切るか見失いやすいのです。タミヤの説明書には書いてありませんが、ラジコンブログで見かけたやり方で、参考にしました。
タミヤのスペアボディは表面に薄いフィルムが貼ってあるため、最終的に剥がす際に綺麗になりますから安心です。

また、カットラインの他に、塗装の箇所を見えやすくしたり、パネルラインの検討をしてみたり、この時間は楽しかったです。
画像では「この現行ロードスターがリトラクタブルライトだったら…」な検討もしてみました(笑)

リトラっぽくするかは置いておいて、いよいよ次回はカットに取り掛かりたいですね。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-GH4
OLYMPUS M.ZuikoDigital/ED40-150mmF2.8PRO


 ■必要工具 

ボディカットの必要工具は
・タミヤのプラモデル用のデザインナイフ(一番メイン)
・タミヤの曲線ハサミ(ナイフの補助)
・コンパスカッター(フェンダー部の切り抜き)
・ABCホビーのナイフエッジリーマ(穴あけ加工)
・紙やすり
これらは必須というと語弊があるかもしれませんが、あるとないとでは工作の難易度も時間も全く違うと思います。早く綺麗に仕上げたいなら揃えたいですね。
締めて3,000円から4,000円といったところでしょうか。
コンパスカッターは100円ショップで買えましたし、紙やすり(180番)は100円もしませんでした。
メインの刃物類は相応のものを準備した方が、気持ちよく作業できると思われますので、財布とご相談ください。




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...