What's yoyomemo

(since 2012)
趣味のつぶやきや 気になるニュースの備忘録等 ときどき 子育てられ日記

2018/06/27

RCカー製作記 3章「洗浄とマスキング」

遂に塗装作業が始まります。
塗装の前に、ボディをしっかり洗います。
僕は一緒にシャワーを浴びました(笑)

やすりをかけたので、細かい粉塵も付いてますし、ボディの製造時に油分が付着しているという事なので、塗料の定着をよくするためにも必要な作業とのことです。

ちなみに、説明書には中性洗剤で洗うと書いてあります。台所の洗剤を見てみましょう。
僕は台所のものを流用するのは気が引けたので、100均で「激落ちくん」というスポンジを買っておきました。油分が落ちやすいように洗剤があらかじめ内部に入っているスポンジです。こんなのあるんですね。
中性ではなくアルカリ性洗剤でしたが、問題なしです。
指で撫でるとキュッキュと音がするようになりました。

水分をふき取って乾いたら、マスキングテープを貼りまくります。
これが一番大変な作業でした。
タミヤのボディキットには窓のマスキングテープは付属していましたので、まずはハサミで切りとりペタリ。これは簡単です。
シールの隅はしっかり押さえて塗料が流れ込まないように注意しました。
ここでは100均で購入した竹楊枝が活躍。

この窓マスキングだけで、あとはボディを1色で塗ってしまうのであれば簡単なのでしょうけど、僕の場合、グリルやボディの一部小さい箇所に黒を使いたかったので、そこ以外を全部マスキングしたのです。
ロードスターは特に曲線も多く、テープが貼りにくいため、やらなきゃよかったと思いましたよ(苦笑)
なんとかマスキングテープと格闘し、黒を塗る準備が完了。

そして娘と息子を屋上に呼んで、風向きを読みながら、一緒にスプレーしました。
過去にスプレー塗装は何度か失敗してきているので、慎重に薄く吹いては乾かしを繰り返しました。急ぐと失敗するんですよね。
僕は気短なので、吹きすぎて垂らすことが多かったですが、今回はその教訓が活きました(笑)

画像は、そんな黒だけ吹いて、ボディのマスキングを剥がし始めたところです。
ラジコンボディの塗装は、内側にスプレーするんですよ。色を重ねる場合は、トップの色から順番にして最後に下地の色となります。

次からはいよいよボディ塗装です♪
窓以外のマスキングテープを全部剥がして、じゃぶじゃぶ洗浄はもうできないので、クリーナー液をティッシュや綿棒に染み込ませて拭き取って綺麗にします。
黒が一部はみ出たものも、このクリーナーで落とせますし、本当に細かい部分は、竹楊枝でカリカリと削って修正したりもできます。
逆に黒が一部上手く載らなかった部分は、極細黒油性マジックペンで補いました。
簡単に修正もできると思えば、気が楽ですね♪

ここからというときですが、梅雨に突入で、雨が降ったりで、外でスプレーができず現在停滞中しました。
ボディの塗料はクリアピンクをメインに吹きますが、黒の様に隠蔽が強い色ではないので、バランスよく吹けるかが心配ですね。
良い天気になったら、ともかくがんばります。


 ■使用カメラ等 

PANASONIC LUMIX/DMC-GH4
OLYMPUS M.ZuikoDigital/ED40-150mmF2.8PRO



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...